風邪も回復

風邪がほぼ回復。
移動(日本⇒上海⇒香港⇒広州⇒香港)しながら、且つ、講演会をこなしながらなので、回復が遅い(8割方回復はすぐだったが、完治に時間がかかった)。そんな訳で、香港での自炊も、まともなものを作る気力が無く、手抜きを重ねている。
上海から香港に到着した日の食事はこんな感じ。目玉焼き焼いて、油揚げを炙っただけ。
香港帰任食
ちょっと良くなってくると、芙蓉蟹、麻婆豆腐、アヒージョを作る気力が出てきた。食事に体調が表れる。
夕食(芙蓉蟹等)
ちなみに、昨日は広州で講習会(日帰り広州)。香港に戻ったのは夜9時で疲労困憊。食事は湯豆腐だけながら、久々に日本酒を飲んだ。久々なので、それだけで幸せに。幸福感を得るためには我慢も必要だ。ただ、最近、酒を控えているので、急に弱くなった(酔いやすくなった)気がする。まあ、良い事なのであろう。

話変わって、講演会(広州)のご案内です。
2016年1月14日に、広州で以下の無料講演会を開催します。今年10月27日に上海で開催したもの(200名様にお集まりいただいた講演)と同じ内容です。定員が60名様ですので、告知2日で定員に達してしまい、キャンセル待ちに切り替える予定ですが、キャンセル待ちの方が20名様程度集まった段階で追加講演を開こうと考えています(定員に達した段階で打ち切りと一応謳っておりますが)。その前提でよろしい方は、是非、お申し込み下さい。

日本人董事・総経理が留意したい税務・資金活用上の注意点

1. 日本からの出張に関するビザ・税務上の注意点
(1) 日本からの出張者のビザと個人所得税の関係
Mビザ・Zビザが必要になる場合と、個人所得税課税方法の関係
(2) 183日ルールの注意点
183日ルールの適用条件と、適用に関する事前登記制度の変更(法律と実務運用)
(3) 出張に関するPE認定
出張者に対するPE認定がどの様に行われ、また、リスクをどう軽減するか

2.董事・総経理が税務上注意するポイント
(1) 日本居住者の董事・総経理兼務
日本居住者が中国現法の董事・総経理を兼務する場合、個人所得税はどう課税されるか
(2) 日本居住者の駐在員事務所代表兼務
駐在員事務所代表を非居住者が兼務する場合の個人所得税課税の特例
(3) 法定代表人をどう決めるべきか
法定代表人とはどの様な役割か
どう選定すれば、実務上の負担を軽減できるか
(4) 兼務(外国・中国、中国内)注意点
兼務の場合の課税方法と、税務リスク(PE認定、個人所得税)軽減のポイント

3.駐在員の税務リスク
(1) 全世界所得課税への切り替え
5年超駐在の考え方と、連続性を断ち切るための方法
(2) 駐在員の身分否定のPE認定
駐在員の身分否定のPE認定の影響とリスク回避の方法
(3) 親会社よりの業務委託料
親会社より受領する業務委託料の注意点と増値税免税措置の適用条件

4.親会社・現地法人間取引の税 務リスク
(1) 親会社に対する非貿易項目の支払い
管理費負担金等の支払いは可能か
移転価格上問題となる支払いと妥当性が認められる支払いの違いは何か
(2) 親会社との立替金決済
国際間の立替金決済の可否と実務上の注意点
(3) コストカンパニー運営の可否
現地法人のコストカンパニー運営の可否と税務リスクの考え方
(4) 中国国内取引に関する親会社への利益還元
利益還元の可否、対外送金の方法と税務リスクの関係
(5) 設備・金型の無償提供
日本からの設備無償提供
中国産設備の無償提供可否

5.現地法人の資金管理
(1) 借り入れ
日本からの借入・親会社保証付き借入・委託貸付の制限、借入金による現物出資
(2) トレードファイナンス
ユーザンス・前受け・前払いの制限と手続について
(3) 増資・借入資金の使用制限
出資・借入で調達した資金の換金・用途制限について
(4) プーリング・ネッティング
外貨・人民元によるプーリング・ネッティングの規定と対応可否

6.中国から国外への資金移転
(1) 国外口座の開設
国外口座の開設・資金留保に関する法律と実務
(2) 国外への貸付
現地法人より親会社(日本法人)への貸付の可否と制限について
(3) 国外投資
中国からの国外投資(中国を拠点とした日本・香港・ASEAN等への拠点展開方法)

講師:
Mizuno Consultancy Holdings Limited 取締役社長 水野 真澄

開催日及び会場:
日時:2016年1月14日(木)14:00~16:30(受付開始13:30)
会場:広州市長大厦14階会議室 6~8号室
住所:広州市天河区天河北路189号 http://www.chinamayorsplaza.com/index.html
定員:60名  ※定員に達した段階で締め切らせていただきます。

お申込み:
Emailにて下記事項を、mchgz@mizuno-ch.com  まで、お申し込みください。
※ご参加いただく方のお名前、E-MAILはご参加者全員分をご記入ください。

【会社名】
【氏 名】
【電 話】
【E-mail】

皆様のお申し込みをお待ちしております。

セミナーに関するお問い合わせは以下までお願いします。

水野商務諮詢(広州)有限公司
担当:田口、陳
E-Mail: mchgz@mizuno-ch.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です