山形料理屋にて

既に、日本から上海に移動しているのですが、ブログの設定が急に変えられ、アクセスができない状況が数日続いておりました。問題解決しましたので、更新再開です。

2月8日の事。クライアント企業様の研修を請負い、立って6.5時間話しっぱなし。痩せたおかげで、以前ほどの苦しさはないものの、終わった時はそれなりに足と腰の痛みを感じる。新幹線で東京駅に戻ると、神楽坂で親友の釜口君(早大合気道時代の友人。現不動産鑑定士)と会食。彼が当社の子会社(チェイス)より本を出版したので、その打ち上げ(但し、割り勘)。
場所をどうしようかと考えたが、先週の北陸から日本酒愛が止められない状態になっている僕が、インターネットで山塞という山形料理の店を選んだ。残念ながら、メニューにある十四代は品切れだったものの、上喜元など美味しい日本酒が飲めた。また、とんぶりをこれだけまとめて食べた事はなかったが、確かに畑のキャビアだと納得。美味しかった。

じょうきげんとんぶり

地鶏焼き山菜天麩羅芋煮
お互い3合飲んで店を出ると付近のバーに。1杯飲んだら酔いが回ってきて帰宅。さすがに、6.5時間講演(昼休みを入れると7.5時間)の後は酔いも回る。
バーソーセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です