香港の自炊と日本移動

先週の事。
上海から香港に移動すると、すぐまた日本へ。宴席続きで胃の調子がいまひとつなので、香港では自炊とする。こんな感じで、非常に少量の夕食。自炊はカロリー、分量のコントロールがしやすいので有り難い。
自宅湯豆腐自宅野菜炒め
日本出発は午後発便なので、自分でゆでた蕎麦を食べて出発。
自宅蕎麦

香港空港到着。入社3年目くらいの頃、先輩社員に「今まで何回くらい飛行機乗りましたか?」と質問すると、「さすがに数えてないなあ。100回くらいまでは記録してたんだけど」との回答であった。確かに。自分も入社10数年は飛行機搭乗回数が少なかったが、2000年頃から年間40回程度、2005年頃から年間60回程度。そして今では年間80回となると、さすがに数えてはいられない。
2005年に年間60回飛行機に乗るようになった時、飛行機から降りると必ず鼻血が出るようになり、「体に負担がかかっているな」と感じたものだ。数か月で体が慣れてしまい、鼻血は治まったが。今の生活、せめて年間40~50回程度の搭乗にしたいものだが、しばし難しいか。
飛行機年間80回

機内食。
和食を頼んだら品切れで(もしよろしければ洋食に・・・とお願いされたので)、洋食に変更。感謝されてドライ納豆をお土産にもらってしまったが、この洋食は美味しかった。変更して却ってよかったかも。東京到着の翌日は、朝の新幹線で静岡に。
機内食

「香港の自炊と日本移動」への2件のフィードバック

    1. う~ん、まあ乗らないには越したことがないような気もしますが・・・
      これが生活パターンになってしまっているので困ったものです。せめて今の半分にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です