香港からの移動で20代の気持を思い出す

6月2日は香港から上海に移動。この日は不思議と、20代の出張を思い出した。中国、欧州、中近東等前の会社では色々と出張に行かせてもらったが、20代の頃の緊張しながらもわくわくした気持、それを何故か思い出した。
印象に残っているのは中近東出張。バーレーンで出迎えを忘れられたり、シリアでパスポートを無くしかけて焦ったり、はたまたヨルダンで死海に浮かんだりなど、思い出深い2週間だった。それから1992年、1993年の上海出張。保税区現地法人立ち上げのための出張で、経理規定を作ったり、駐在員事務所からの業務移管スケジュールを作ったりした。これから伸びていく上海を体感した出張で、今のコンサルティングに繋がる経験だった。
なぜ、突然そんな気持を思い出したのだろうか。その日の香港の強い日差しのせいだろうか。
香港空港

気持も乗っていたし、ダイエット成功後の体重維持もうまくいっているしで、久々に空港で担々麺を食べる。本当に久しぶり。ラウンジに行けば無料の食事が有るのだが、やはり、お金を払うから美味しいのだろうか。
シャオロンパオ担々麺
因みに、今の体重はこんな感じ。大学時代の体重に落ち着いている。
自分
そんな感じでやる気はあれど、飛行機はディレイ。ラウンジでダイエットコークを飲みながら1時間待機。そして機内でも待機で、約2時間ディレイで出発。
ラウンジコーラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です