広州・東莞出張

7月11日は、講演会のために広州に移動。
その前の週に、6日で8回飛行機に乗るという無理な移動をしたせいで、体調を崩し寒気がするが、講演会をキャンセルする訳にもいかず、予定通り移動。講演会の後は、翌日東莞、翌々日に福州という事で、スケジュールがぎっしり詰まっている。

無理なスケジュールを組むと体調を崩すというのは、経験から分かっているが、性懲りもなく同じ事をしてしまうという。反省すべきだ。
ちなみに、上の写真は広州の市長大廈。1997年から、広州の宿泊はだいたいこのホテル。最初は、外国語が話せる人間もおらず、極めてローカルだったが、徐々に改善されてきている。
タオルのウサギは、新しく始まった試みの様だ。

そして、会食後、夜10時にはホテルに戻り就寝。

翌日は、朝8時に東莞に向けて出発。クライアント企業様のディユーディリ。
そして、翌々日は、朝5時起きで福州に出発。体調崩れ気味の中、このスケジュールは辛いが、ラウンジの朝食が美味しかったので、少々ほっとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です