JALのサービスに感謝しながら3日がかりで帰任

2月23日(金)の成田で、飛行機を間違えていた事が発覚。本来乗るべき便は、既に出発済だ。
100%僕の失敗だが、JALのカウンターの方が、旧正月からの帰国シーズンのタイトな時に、小一時間かけて、他の便を探してくれる。元々は、エコノミーをマイルでアップグレードした券なので、手数料を取られても、エコノミーの席になっても、全く文句は言えない。「どんな条件でも大丈夫です」と伝えて待機していると、翌日のビジネスクラスを用意してくれた。感謝するやら申し訳ないやら。心よりのお礼を述べて、その日は実家に。

さて、翌日。順調にチェックインを終わらせ、ラウンジで待機。搭乗時間になったので、ゲートに向かう。と、オーバーブッキングが有った模様で、翌日振替に応じてくれる人を1名募っている。なかなか対象者が現れず、担当の方が付近でお願いをしているのを聞いていると、「昨日、親切に手配してくれたし、自分の席を無理やり用意してくれたのも、原因の一つとも言えるかもしれないな」と心苦しく思ったので、これに応じる事にする。
香港人の方々から、みんな拍手で見送られるわで、何やらお祭り騒ぎの様な雰囲気に。一人見つからないと飛行機飛ばないし、家族連れで来ていると、一人だけ便を変える事はできないので、そんな感じになるんだなあ。ともあれ、これで無事に、その便は出発できた。僕は、幸い、翌日のスケジュールはなかったので、JALの手配してくれたホテルで1泊。


成田駅付近は初めてで、ちょっと心惹かれる飲み屋もあったのだが、残念ながら、この日から3日間のプチ断食。酒も食事も不可。
やむを得ず、部屋で小説を読みながら、生姜紅茶をがぶ飲み。

翌日、12時に空港到着。ラウンジで5時間半時間をつぶす必要が有るが、のんびり仕事と小説。相変わらず、紅茶を飲み続ける。ラウンジにいる間、2名の方が、入れ替わり昨日のお礼に来てくれて、礼状(?)を渡される。、
気遣いに感謝。色々あったが(そもそもは僕の間違いから発した事だが)、3日がかりの香港帰任。JALの方々に気遣い頂き、無事香港に戻る事ができた。有難い。
20年前の香港赴任直後にも、台風の影響で3日がかりで香港に戻ったことがあったが、その時とは、JALの対応が全く違う。ともあれ、ワンワールドアライアンス(JALとキャセイ等)、メリットが多いので、まだ続ける事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です