香港の出前一丁茶餐庁

3月のクライアント様向け定例ビジネス講習会も無事終了。日本・上海・広州・香港の4か所で開催。合計して140名様程度の聴講を頂いた。昨年末から、税関関連(税関一体化、保税転送手続の制限、暫定輸出入規制緩和、通関単の微修正など)、税務、外貨管理などの変更が有ったので、ネタには困らなかったが、次回(5月を予定)はどうするか。コンサルPE認定ルールの変更、一般納税人登記制度の変更などに加え、ネタ探しを始めるところ。

さて、香港の会場である、香港日本人クラブが入っているビルに出前一丁茶餐庁という感じの店が有り、毎回気になっていたが、やっと行く機会が持てた。

何と魅力的なビジュアルであることか。

中に入って、クラフトビールとタンタンメンを頼む。場所として、悪くはないのであるが、出前一丁どころか日清関連の食品は特段見当たらないような気がするが、どうした事か。単なるディスプレイか?どういう事だろう。

客も少ないので、穴場的な店ではある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です