上海移動前に香港地ビールを飲みながら

ともかく移動が多い。来年の1月は、なるべく移動を控えて体力を回復しようと計画中。
日本⇒香港⇒(翌日に)北京⇒香港と来て、1日の香港滞在時に、歯医者に行き、終日うっすらと残る痛みにうめいていた。
同時に、自己負担額が20万円となった治療費に心を痛めていた。香港の歯医者は技術は良いようだが、ともあれ高額で、これを自己負担するのは辛い(保険で求償できる部分が、かなり限定される)。そんな訳で、身体は休まらず。
そして、翌日、上海移動。ラウンジに到着すると、ぐったりだ。

まずはシャンパンでも飲むかと一杯。
ただ、困った事に、ここ1~2年、シャンパンを飲んでも美味しいと感じない。お祝い時に、ゲン担ぎで無理して飲むことが多かったので、その反動だろう。最初にドンペリを飲んだ時、ドンペリロゼを飲んだ時、美味しさに感動したものだが、それも、美味しいと感じない。何事も適度が重要という事か。

という訳で、香港地ビールに切り替える。
前にも書いたが、ここ数年、香港では地ビールが流行りで、結構美味しいものがある。
最近は、キャセイラウンジにも登場した。60番代のゲート付近は、2種類あったが、1番ゲート付近のラウンジでは「ドラゴンズバック」だけ。これが美味しく、プチ宴会気分になる。

そんなこんなで、楽しい気分を味わって、上海に移動。定刻で到着。2泊の出張だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です