2泊の上海出張

11月6日から、2泊で上海出張。保税区域が絡んだオペレーションのご相談があるのと、宴席2件。
商流(ビジネスモデル)の組立も、保税が絡むと、人民元 or 外貨という決済の問題。税関管理の問題。税務の問題が絡むので、通常に比べて格段に複雑になる。これを苦手とする専門家が多いのだが、これは、僕の得意分野の一つ。

空港のラウンジでは控えめに。最近、ラウンジでは、ワンタンメンをよく食べる。

飛行機は順調。輸入博覧会の真っただ中なので、ディレイを心配したが、30分程度の遅れだけ。
そして、入国審査、街中への移動もスムーズで、ロスタイムが無かったのは有難かった。

因みに、JETROのHPには、「CIIE(中国国際輸入博覧会)の企業エリアに日本から出展したのは約450社・団体、出展面積は約2万平方メートルだった。日本は全体(3,600社・団体)の1割強を占め、172カ国・地域の中で最大規模となった」との記載。
僕が20代の頃は、中国と言えば輸出交易会。日本はバイヤー側という位置付けであったが、2000年頃(僕がコンサルティングを始めた頃)は、中国でのモノづくりの関係から、逆見本市(調達したい部材の展示)が話題になった。そして、今回の様な輸入博覧会(日本は売り手側)。時代の流れを感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です