香港・和家(なごみや)でおでんを食べる

香港空港に到着すると、帰宅して着替え、丸紅時代の先輩と会食に。この先輩は、台湾研修生時代に、空港に出迎えに来てくれたり(その時が初対面。3人の研修生が、3人の新着研修生を、交代で迎えに行った)、仁愛路x敦化南路の部屋を譲り受けたりしたのがそもそものきっかけ。
そこから、1998年に香港で一緒に仕事をする事になり、昔、丸紅香港が中山市に保有していた約5億円の不動産を一緒に売りに行ったり、香港の事業会社の立て直しや整理をしたり、はたまた、炎天下の倉庫で膨大な在庫を実査してぶっ倒れたりと、色々な経験を共にしたのが懐かしい。

会食場所に選んだのは、銅鑼湾の和家。
僕は、おでん自体には特段の執着はないのだが、ここのおでんは別だ。特に、半熟卵のおでんは絶品。

また、梅水晶、酒盗チーズなど、酒のつまみも気が利いているし、日本酒も、ばくれんが飲めるのが良い。


そんなことで、2人で日本酒を8合飲み、料理を楽しみ、また、思い出話を笑いながら語らう。人の縁とは面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です