鉄板ナポリタンは思い出の味だ

実家にて、鉄板ナポリタンを作る。

子供時代に食べたものは、ふと食べたくなることがある。1988年に台湾研修した時も、1997年に香港赴任した時も、ナポリタンを作るために鉄板を買ったものだった。この日は、フライパンを2個使って代用。素朴な味だ。

話変わるが、日本では当たり前と思っていたものが、海外では手に入らないことがある。最近では、嗜好の国際化と流通の発達で、手に入らないものは少なくなってきているが。
1988年に台湾に行ったときは、魚の焼き網が手に入らず困った。学校の先生に相談すると、「フライパンで焼けばいいだろう」という回答で、「それじゃあ、味が違うんだよなあ」と思ったものだ。幸い、滞在開始半年程度で、近所にサミットができて、焼き網が買える様になった。語学研修生たちは、先を争うように買っており、「みんな同じことを考えていたか」とおかしく思った。
あと、当時の台湾では、日本のビールは輸入規制の対象だった。致し方なく、毎日台湾ビールを飲んでいたが、当時の台湾ビールは、品質が今ほどではなく、味もいまひとつだったので、味気ない思いをしたものだ。
世の中は、絶えず変わっている。今の便利さに感謝。これは、色々な企業の努力の賜物だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です