納戸から出てきたもの

実家に居続けているので、ヒマつぶしのため納戸整理をしていたら、香港特別行政区政府という記念品が出てきた。何だったかな?と思い返してみると、おそらく、2002年に、帝国ホテルでの講演会(広州市政府と香港政府の共同誘致セミナー)に参加した時にもらったものだ。

結構、注目されたセミナーで、1,000人程度人が集まった記憶がある。政府主催の講演は、スピーカーが多いので、自分が話した時間は、15~20分程度ではなかったかと思うのだが。
講演が終わり、香港政府の人間と懇親の酒盛りを開いたのを思い出す。
1997年の香港返還後、徐々に香港と広東省政府の共同イベントが増えていったが、その第一弾に近いような企画であった。今から思うと、明るい時代であったものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です