過去の丸紅の社内報(2003年)

母親がファイルしてくれていた丸紅社内報その2
2003年の時に、2ページ特集で自分を紹介してくれたもの。まだ、丸紅香港法人の経理部としてコンサルティングをやっていた時のもので、まだ苦労がなさそうな表情。
2002年は、本を出せば売れるし(香港の旭屋書店年間売上ランクで1位と4位)、NHKには連続で出るし、会員制サービスを始めればすぐに契約を取れるしで、やることなす事上手くいった年だった。それが、2003年になった途端、暗雲が垂れ込めた。それがSARS(2003年)。それが解消すれば、予算決算のプレッシャーで不眠になり(2004年)、人間関係で不眠がひどくなると共にリンパが腫れる(2005年)。そこから、起業独立(2008年)に突き進んでいく。

自分が一番苦しんだのは、42~45才なので、厄年ですねと言われるし(ある意味正しいとも言えるのだが)、今でも、厄年に差し掛かった後輩達からアドバイスを求められるのだが、自分の厄年に付いての考え方は、必ずしも年齢には厳密に連動していない。男の厄年である40代半ばは、今まで期待されていた役回りより、一段上のものを要求される年齢だ。会社の中で、担当から中間管理職になったり、社会の中での位置付けも重くなる。その軋轢でもがき苦しむのが、所謂厄年。つまり、脱皮の試練という意味。という事で、今年で厄が終わるとか、今年で後厄が終わるとか言っても意味はない。占いに頼るなら、自分で精進すべきだと思うし、それを克服したら、一回り大きな自分になっている。
厄を抜けた今は、そう思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です