春めいてきた(旬林で会食)

旧正月が終わると、上海も春めいてきた。昨日段階(2月23日)の報道では、新型コロナの国内感染例(入国者の隔離期間中を除く)が、一週間連続ゼロになり、中国全地域が「低リスク」となったため、上海の街中の管理も、少し緩んできた感がある。入館に際して、健康コードの提示を求めないビルも出てきた。、
ただ、外国からの入国時の隔離は、一時よりも依然として厳しく、現在、7日+7日(集中隔離+自宅隔離)は、殆ど不可の様だ。2月23日時点で上海市政府と、自分の居住地の居民委員会に確認したが(市政府は詳細を決めていないので、基本は居民委員会の方針に従う)、現時点で、+7日の自宅隔離が認められるのは、ワンフロア1部屋という場合のみという事で、こんなケースはほぼないであろう。勿論、他地域は、14日集中隔離+7日自宅隔離+7日観察期間という様な、1か月近くも隔離になるケースが多く、それに比べれば、上海は寛容だが、何れにせよ、気温の上昇とともに、状況改善&管理状況の一層の緩和が望まれる。

さて、という近況の後は、先週の話だが、「夜、一人で食事をするか。とはいえ、旧正月は、自宅飯続きだったので、どこか行こうか?」と思案していると、友人から誘いが有ったので、旬林に行くこととした。

刺身の盛り合わせと、野菜天ぷら。ここは寿司屋であるが、野菜も結構おいしい。そして、中トロ旨し。


この日は、なぜか妙にウナギのかば焼きが食べたかった。鰻に特段の思い入れが無い自分としては、年に数回しかないことだが、満足であった。

そして、(写真にはないが)日本酒盾野川を飲み、細巻きと、サービスのデザートで〆。

満足した夕食であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です