無料講演会(3月16日・税理士法人山田&パートナーズと共催)

2021年3月16日(火)の14~15時半(日本時間)に、税理士法人山田&パートナーズと共同の税務セミナーを開きます。
先日、共著で、「中国個人所得税の制度と実務」を出版し、これから、「中国企業所得税の制度と実務」を出版します。これに、僕の単独執筆である、「中国増値税の制度と実務(これは、既に2回改定をしていますが)」を合わせて、3部作の出版記念セミナーの形で開催するものです。

詳細はこちらをご参照下さい。

3部合計で1.5時間なので、各位の持ち時間が25分。この持ち時間だと、総花的になるのはやむを得ない面があり、企業所得税、個人所得税は、最新のトピックスを話したいと思います(山田&パートナー各位担当)。
僕担当の増値税は、最後に大きな改定が有ったのは2019年4月で、それを延々と話しても仕方がないので、最終的に、「増値税制度導入から現在までの経緯と、個別トピックスとして、RCEPと加工貿易のコスト比較」を話すことにしました。
「過去の経緯を話して意味があるか?」というご質問に対しては、やはり、現在の制度は、過去からの連続性の上に成り立っています。増値税制度が開始されて27年が経過しましたが、導入時の社会体制・経済基盤は、現在とは全く異なっており、そこで発生した矛盾が、一部未解決なまま残っている部分があります。過去の経緯を踏まえると、その部分、つまり、「なぜ、こんなことになっているんだろう」と、不思議に思うことが、解消するのではないかと思う次第です。
是非、お申し込みください。
お申し込みは、こちらからお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です