北京で会食

3日目。12時に北京まで車で移動しようと滴滴で呼び出すが、反応なくホテルの車で移動する。やはり、約2時間の行程とはいえ、市を跨ぐと心の準備が必要なのか、前日までに予約しておいた方がよかった。事前予約のコツ(市内移動だと、事前予約だと却って反応が無い事が有る)が、今一つ分かり切っていない。ともあれ、滴滴の倍近い値段がかかってしまい残念。

北京ケリーホテル到着。大規模な商談会をやっているようで、ホテルは満室。人はぎっしり。それも有って、居心地があまり良くない。2年前に宿泊した時は、もう少し良いイメージが有ったが、天津コンラッドと比べると、大きく見劣りする。
前日はカロリー過多だったので、まずはロビーフロアでサラダをテイクアウトして、朝昼兼用とする。
18時にロビーで、丸紅時代の後輩2名と合流し、会食に繰り出す。錦食屋という店で、味と値段のバランスが、なかなか良い。ここもぎっしり満席で驚く。どこもかしこも、大盛況だ。

糖質制限メニューに付き合わせてしまい、タコわさび、サラダ、鳥つくね鍋。

昔話と、今の話題で和やかに会食は進行する。退職して13年もすると、さすがについていけない話題が多くなるが・・・


北京滞在は1泊のみ。翌日便で上海へ。
飛行機に乗らない生活が長引いていると、少しの移動でも疲れる。というか、面倒に感じる。移動を続けていた少し前までの生活には、あまり戻りたくないなあという気がしてしまう。人間、何事も慣れだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です