久々の和平飯店オールドマンジャズ訪問


1985年の初訪問以来、お気に入りの場所である和平飯店・オールドマンジャズバーを久々に訪問したが、以前よりテンションが下がっていて、おやっと思った。
バンドの交代が無い。歌手の歌が極端に少ない。という事で、全体的に以前より盛り上がりに欠ける。
バンドマンが、「以前は華僑とか外国からの客が多かったけど、やはり大切なのは上海のお客さんです」という、少々違和感のいるコメントをしていたけれど、後で考えれば、海外からの入国者を制限しているので客が減った。なので、上海の方はもっと来てくださいね、という趣旨なのかと思い、合点がいった。そして、バンド人員の削減が有ったのかな。
バンドマンには関係ないが、演奏だけでも、かつての活気を維持しないと、再訪者が減るように思えるので、ここらは経営者に再考してほしいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です