会社の福利品で麻婆豆腐を作る

上海の社員全員に福利品を支給した。
事の発端は、クライアント様から、そういうことはできるか(物流を含めてアレンジしてくれる会社を知っているか)という質問を頂き、対応する過程で、「じゃあ、うちもやろう」という事になったもの。
実は、難しかろうという先入観があり、全く発想が湧かなかったが、今回は、クライアント様の質問に助けられた。

とはいえ、最初に依頼したところは、最終的にアレンジしきれず返金。2週間を無駄にした。上海の総経理が、「もう手当という事で、お金で支給しませんか?」と提案したのだが、「この状況下で手当てをもらっても心に響かない。物だ!」と言って、次の会社を探してもらう。これは数日間で到着。量的には十分で、ロックダウン期間中の食品は十分だ。
ついでに言うと、個人的に、ダメもとでお願いした初めてのルート牛肉が、紆余曲折を経て(20日経過していたので、ほぼ諦めていた)同日に届いた。更に、数日前に、豚肉を注文してしまっていた。ロックダウン期間中には消化できなさそうだが、今回の教訓で、たっぷり冷凍保存しておこう。ともあれ、物資の窮乏で、たんぱく質が極端に不足していた(ごはん、麺だけという生活が、結構続いていた)が、これで安心して肉が食べられる。

そして、念願の麻婆豆腐を作る。
部下たちが、ウィチャットモーメンツで、福利品を喜んでくれたり、福利品で作った料理をアップしているので嬉しく感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。