香港⇒仏山⇒広州(南海工業園訪問)

朝8時半発の電車で広州に行き、直接仏山市南海工業園に行く。中国総代表も香港出張している為、一緒。先ずは、工業園所管の政府関係者の方と面談の上会食。数ヶ月前に僕が提案した、インキュベーションセンターの企画に基づいて、順調に標準工場・宿舎を建設中という説明を受ける。あとは、会計・税務・通関・労務管理などの管理機能提供のパッケージを早く纏めなくてはいけない。時間がないので、急がなくては。ここは、自然環境と工業が共存しており、その意味で、非常に美しい工業園である。会食時に、ワインが出てきて、何度か乾杯をさせられる。なるべく、ちょっとだけついで貰っていたので、飲んだ量の合計はコップ3分の2杯程度。原則として、昼間の酒は飲まない事としているが、雰囲気的に断りきれず、しぶしぶ飲むとあっさり酔っ払う。尚、会食時に隣の席になった政府機関の方(初対面)より、「仏山の政府関係の人間も、何人かあなたの本を使っているから、あなたの顔と名前は前から知っているよ」と言われ喜ぶ。会食を終えると、工業園を回り、広州に戻る。ちょっと渋滞は有ったが車で約40分。夜は、総代表・広州会社の駐在員と会食。四川料理を食べたが、先日北京で食べたものに比べると格段に味は落ちる。ちょっと、疲れが溜まっているようで、夕食時は殆ど酒を飲まなかったにも拘わらず、立ちくらみがする。辛いので、早くホテルに戻り、そのまま寝る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です