上海のオフィス引越し

古い(引越し前)のオフィスは箱庭のよう。ピンクのセーターを着ているのが僕。

週末にオフィスを引っ越す事になった。
引越しとは言っても、同じビルの4階から2階に引っ越すだけ。
でも、面積は3倍弱になるので、結構、成り上がった気分がしてよい。
面積3倍弱とは言っても、現在のオフィスの面積は、建築面積で60㎡程度(使用面積は40数平米?)の箱庭の様なオフィスなので、別に、巨大な場所に移るわけではないのだが

これは別の角度から。奥に見えるのが僕の席(たったこれだけの面積)

上海に会社を作る時、次の様に考えた。
● 稼げるようになってから広い所・綺麗な所に引っ越そう。
● コンサルティング会社は、オフィスも信用(良い場所に入らなければならない)という人が多いけど、僕の顧客は全て日系企業。
● そうであれば、僕の信用で商売を取る。オフィスは小さくてもぼろくてもいいんだ!

まあ、ある意味では(逆の意味での)気負いだけれど、そんな訳(意地)で、敢えて小さい場所を選んだ。
開設早々順調に商売が伸びているおかげで、あと1ヶ月程度で上海の社員が10人(出張者・受け入れ社員を含めると12名)になる。
今のオフィスでは、机が6個しか置けないので入るスペースがない。
それで思い切って、引越しをする事にした次第。
先日のブログで、僕が家を引っ越す(6500元⇒3500元の家賃)と書いたけど、これは、オフィス家賃上昇の補填の様な意味。
まあ、家には殆どいないので、オフィスが綺麗な方がよほど良いと考えた訳。

僕も偏屈者ではないので、良いオフィスが欲しいし、良い家に住みたいし、車も欲しいけど、もっと頑張らないとそこまで行き着かない。
早く稼ぎをのばして、人もうらやむ生活をしたいものだ!

僕の会社は、花園ホテル(オークラガーデン)の敷地内。
6階建ての小さなビル(ワタベウェディングの広告が屋上に乗っている)。

ここがオフィスビルだと気付いていない人が多いけれど、意外な掘り出し物であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です