3日続けてお惣菜の夕食

今週は3日間続けて、昼休み、若しくは終業早々走ってからオフィスに戻り残業。
夜の10時頃まで働いてからユニーに駆けつけ、お惣菜とビールを買って家に帰り、それを食べて寝るという生活。
飲み歩いていないので体は楽だが、そろそろちゃんとしたものを食べたくなってきた。

昨日は残業終わってビルを出ると、オフィスの下に有る24時間マクドナルドが目に付いた。
一瞬、夜はハンバーガーにするかと考えて(結局、ユニーの持ち帰り寿司にした)中に入った時、先週末に読んだ日経新聞の記事を思い出した。
日本では、昨年試験販売が開始されたマックフルーリーが人気で売れているという紹介。
日本ではマックフルーリーが最近まで販売されていなかった事を初めて知った。
香港では、確か、1999年頃から販売されている筈なので、日本でも当然売っていると思い込んでいた。意外なものが売ってなかったりするものだ。
香港で販売が開始された頃、激しい二日酔いの朝に、脂汗を流しながらご飯代わりにマックフルーリーを食べて、「これは美味しい!」と喜んだ事が思い出される。
売り出されて1年くらいは良く食べた。
もう飽きて、長いこと食べていないけど。

日本だと値段が300円するとか。
香港の価格が気になって、覗いてみたらHK$ 9(約150円)だった。
随分値付けが違うものだ。


全然関係ないが、保税区域外貨管理弁法の解説を書いた。
この弁法で、保税区、物流園区、輸出加工区、総合保税区、保税物流中心A型・B型の外貨管理が統合され、また、保税区企業の外貨購入制限が撤廃された。
かなり画期的な規制緩和であるといえる。

この解説は、中国ビジネス解説に掲載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です