夜歩く(深夜の無意味な歩行)

朝起きると、毛布がリビングのソファの上にあった。
何でだろと思い起こすと、夜中寝ているときにに何か不思議な衝動に突き動かされてリビングのソファに移動。
その後、暫くして「こんなところで寝ていてはいけない!」と、無意味に気力を振り絞ってベッドに戻った記憶がある。

何でそんな事をしたんだろう。
寝ぼけていたのは確かであるが。

ストレスが高じると、寝てる内に、電気をつけたり、閉まっているドアを開けたりしてしまう傾向が有るが、それが高じたのだろうか。
不思議なものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です