海南島、ばかにしていて悪かった(その1)

4月3日(木)の夜から6日(日)の朝まで、携帯も切ってPCも繋がず、ひたすら海南島に潜伏(?)していました。
ストレスが高じたので、リラックス目的。

効果てきめん。
いろんな事を見つめなおす事ができたし、自分にとって何が大切なのかも良く判った気がします。
あと、ちょっと肩の力が抜けました。

シチュエーションが良かったのかも知れないけれど、ここしばらくで、一番幸せな時間が過ごせた気がします。
海南島良かったです。

と言うわけで、2回(くらい)に分けて報告を。

三亜空港

海南島の三亜(リゾート地)に初めて旅行に行った。
香港に赴任して11年。
島の反対側の海口には出張した事があるのだが、三亜は初めてだ。

香港は色んなリゾート地へのアクセスが良いので、この11年で、プーケット、セブ、コタキナバル、バンコク、マカオ、台湾等、色んな場所に旅行に行った。
が、海南島(三亜)は、いったん頭には浮かぶのだが、毎回、対象から外してきた。

その理由として、
● 中国本土でのリゾートで、本当にくつろげるのか疑問であった。
● 香港から飛行機で1時間の場所なので、旧正月(1~2月)、イースター(3月)休みの頃、外で泳げるのか、疑問があった。
というものである。

とは言え、今回は清明節の(土・日を入れて)3連休と短い。
一番飛行機に乗る時間が短いセブは、便の発着時間が悪く、くつろげる時間が極端に短くなる。
という事で、遂に海南島リゾートを決断したもの。
今年は、旧正月もイースターもろくに休めなかったので、今回は是が非でものんびりしたい。

海南島到着は夜の8時半。
夜7時香港発便に乗ればよいので、会社帰りに行ける時間だ。
三亜空港は、中国の飛行場とは思えないほど南国の作りで、新しいし、くつろいだ感じが良い。
入国審査前に、(トイレだけでなく)更衣室が有るのが気が利いている。
出発地との温度差で、汗まみれになる人が多いので配慮と言う事だろう。

ベッドからバスを見る

ヒルトンホテルまでは、車で30~40分。
交通マナーが思ったより良く、かなり安全運転。
他の地域並みに飛ばせば、もっと早く着くのではなかろうか。

ともあれヒルトン到着。
ホテルは綺麗だ。

部屋に置かれたバス(バスルームとベッドルームが一体化している)が、かなり感じが良い。
お湯を張るのに時間がかかるが、そんなことは気にするまい。

昔、ジョンローンの映画でこんなバスタブが出てきて、20代の僕は、いつかこんなバスタブに浸かりたいとあこがれた事を思い出す。
(翌日から実際に使う時には、日焼けで苦しみながらの入浴だったので、そんな優雅な気分には浸れなかったのが残念だ)。

夕食を食べていないので(機内食はクッキー1個配られただけ)、レストランで食事をして就寝。
順調な三亜到着。
3泊4日の滞在予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です