雑学の本を読みふける

月曜日にBar Seedに行ったら、書棚に雑学bookが置いてあり、ついつい読みふけってしまった。
そこには、ピザにタバスコをかけるのは日本だけで、どこかの国の本には、雑学として、「日本ではピザにタバスコをかけるという奇異な事をしている」という記載が有るとか紹介されていた。
そうかぁ。
「確かに、ここ数年、チリオイルは置くけどタバスコを置かない店が増えたもんな」とか考える。
でも、タバスコかけたほうが僕は好きなのだが。
「好きだから何かけてもいいじゃないか!」とか読みながら熱くなってしまった。

あと、「(洋食を食べるとき)フォークの背にご飯を乗せるというマナーはない」とか。
これは有名だし、最近はもうやってる人いなくなったんじゃないかな。
でも、子供の時は、結構そういう人がいたので僕も習ってやったものだ。
小学校の頃から、この技が意外と得意で自慢だったものだが、今や誰にも威張れない業になってしまったものだ。

そんな事を考えて一人で読みふけっていたら、その本を貸してくれた。
なかなか楽しい本であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です