南京の工場で料理をたくさん出して頂く

まず出して頂いた料理

朝9時にホテルを出発して、クライアント企業の工場監査に出発。
前日は0時頃まで二次会であったが、二日酔いにはなっていない。
昨日は昼食を食べる時間がなく、夜の7時半に途中から会食(1次会)に参加。
最初に飲んだ白酒で、ちょっと酔ってしまった(2杯の白酒なので、普通は酔う量ではないが、空腹と疲れのせいだろう)事が却って幸いし、飲んだ量が少なかったからだろう。
何が幸いになるか分からない。

10時前には工場に到着して作業開始。
工場の帳簿を僕自身がチェックするのは久しぶりだ。
休憩時間を含めて作業時間が4時間半の簡易監査なので、作業範囲をしぼって対応。

12時過ぎに、クライアントの方・僕両方が朝食を食べていないというと、工場の方が点心を買ってきてくれるという。
簡単な包子程度と思い、「申し訳有りませんねぇ~」と言っていたら、先ず出てきたのがこんな感じの料理。

もち米シューマイと出して頂いた料理

もち米のシューマイが美味しそう(且つ、大きい)で、野菜もあるので、これで十分だな、と思っていたら、休日出勤してくれている料理番のおじさんが料理を作ってくれる事になり、どんどん料理がでてくる。

スープ、野菜炒め、粽、卵、果物、等など、とても食べ切れない量が出てきて恐縮する。
これだけあると、三分の一食べるとすごく満腹。

工場の門と裏庭で遊ぶ犬

ちょっと時間が余ったので、工場の門の写真を撮ったり、裏の畑で遊んでいる犬を眺めたり。かわいい犬が二匹じゃれている。
ちょっとなごむ。
忙中閑有りだ。


午後2時半に出発。
南京駅到着は3時10分。
3時半の電車に乗って上海に移動。
車中で、金曜日の夕刻までに頂いた質問の回答は、全て準備した。

明日は、3月4日の講演会の準備をしよう。
まだ準備ができていないので、ちょっと焦ってきた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です