広州・天河の夜景を見ながら

広州天河の夜景

夜8時発の電車で広州から香港に移動。
電車待ちの時間、電車の中、そして帰宅後も一心不乱に仕事をして、午前1時半にやっとひと段落ついた。

ここしばらく、仕事がこちらに、どんどん飛び込んでくる様な状況。
その対応で、毎日全力疾走だ。


広州天河の夜景

2泊3日の広州は、忙しく、なかなか充実していた。
また、懐かしい人たちにもいろいろと会えた。

昨日は仏山市政府。
今日は、広東省政府との面談予定は延期になったけど、元広東省外経局の方と面談をした。
広州の総経理である麦さんが顔つなぎをしてくれているおかげで、行く先々の政府機関で、「本を書いてる水野さん」、「中国通の水野さん」、「古い友人の水野さん」と、親しげに対応してもらえるのがありがたい。

やはり、こういった顔つなぎは、僕ではできない。
中国人の総経理(胡さん、麦さん)が、こういった部分を対応してくれるので、僕も安心して仕事ができる。
そして、長い経験が、蓄積になっている。

政府機関や提携先との関係もそうだし、社内の関係も同様。
当社の原田さんと麦さんとは、既に13年間一緒に仕事をしている。
杉山さん(亀一)は7年で、胡さんは5年だ。

こんな風に、長年一緒に仕事をしている事で生まれる信頼感、一体感は、得難いものだ。


広州天河の夜景

今年は起業3年度目。

全員、両手一杯に仕事を抱えて、年度が開始した感じ。
新人から総経理まで、自発的に夜遅くまで文句も言わずに仕事をしてくれており、有り難いやら申し訳ないやら。身内を褒めるのはなんだけど、うちの社員は、一人残らず、本当によく働くなと感心する。

ともあれ、今年も増員は必至だ。
広州は来月採用活動開始。
上海は2名増員すべく採用活動中。

日本拠点は秒読み段階だけど、それが終わったら(今年の年末くらい?)北京と深圳に拠点を出したい。

起業して以来、走り続けで、のんびりする間が無いけれど、部下のみんなが頑張ってくれているから、自分は、まだ休めないなと思う。

広州・天河の夜景を眺めながら考えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です