冷静沈着を心がける

若い頃(20代前半まで?)は、感情がすぐに顔に出るタイプだったが、経理の仕事になってから(かな?)徐々に物腰が変わってきた。
意識してそうした面が強いのであるが、特に仕事の時は、なるべく感情を表に出さない様に努めている。

経理税務の仕事柄、色々な問題・相談を持ち込まれる事が多いのであるが、その時に、いちいちオーバーリアクションをしていては、相手の不安が増す。
表情を変えずに、じっくりと相手の話を聞いて、その上で、なるべく前向きな判断を下す(若しくは、判断をすべく対応する)様にしようと考えたためだ。
医者と同じで、患者からの相談に、いちいち驚いたり、深刻な顔をしたりしていては、相手の不安感を掻き立ててしまう。
まずは、穏やかに話を聞こうというのが、僕の姿勢だ。
その気持は、10年前にコンサルティングの仕事を始めた事で、更に、強くなっている。

残念ながら、完全に感情がコントロールできる訳ではないのであるが、一応、20年くらい努力を続けているので、成果は上がっているのではないか。

ただ、その分、普段の生活でも、リアクションに乏しくなった面があるのかもしれない。
去年、バーで手品を見ていたら、「すいません。そんなに驚かれないとやりにくいんですけど・・・」とマジシャンから言われた。
本人は、心の中で随分驚いていて、へぇ!とか言っていたのだが、他の人のリアクションからすると、随分不足してた様だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です