知人が訪ねてくると

知人が旅行・出張で訪ねて来ると、何時もはない様な事が起きたりする。

数年前、上海に両親が訪ねてきた時、住居の下で中国人の男性二人が口論していたが、途中で殴り合いになってしまった。
中国に累計16年暮らしているが、人が殴り合いをするのを見たのは初めてか2回目だ。

また、1988年に台湾留学している事、祖母と母親が台湾訪問。
当時、マナーが悪かった台湾のタクシーの運転手(今とは大きな違いだ)が、道路を高速ですっとばすので親が悲鳴をあげたら、運転手が更に調子にのって、「大丈夫大丈夫」と後ろを振り返りながら運転した事がある。
当時台湾で1年暮らしたが、後ろを向いて運転する運転手はその時が最初で最後だ。
まあ、これは、親が悲鳴を上げるので、運転手が面白がって、かえってそういう反応に繋がったのであろうが。

更に、亀一と広州以外でタクシーに乗ると、何故か、何時もは遭遇しない様な変な運転手に出くわす。

そんな感じで、めったにない事ではあるが、たまの旅行でそういう場面に遭遇すると、上海は怖いとか、台湾でタクシーに乗ってはいけないとか、そういう印象が植えつけられるものだ。
これは困った事だが、何故、こういう事が起きるのか、ちょっと不思議な気もする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です