4.5時間遅れで成田で寿司と中華

午後5時成田発の飛行機で上海に移動。
前にも書いたが、4回乗って約3万円の格安チケットだ。
ただ、最初の香港⇒上海で1時間遅れ。次は3時間。そして今回は、4時間半と、3本合計で8.5時間遅れだ!
台風の影響を考慮しても、ちょっと遅れすぎ。
とは言え、値段が値段だ。
ドラゴン・JALを組み合わせて、便の変更可能・マイレージも付く、というチケットにすれば、同じ経路で10万円以上になる。
3万円のチケットを買って、10万円のチケットと同じサービスを要求すべきではなかろう。
とは言え、業務スケジュールに与える影響も大きいし、疲労もたまる。
あと一回分購入してあるのでこれは使用するけれど(キャンセル不可のチケット故)、東方格安チケットの使用は、これで最後にしようと思う。

そんな感じで6時間待ち(4.5時間+正規の待ち時間1.5時間)の成田。
チェックイン時には、出発時間がまだ未定(機材が上海を出発していない)という事なので、出国手続をせずに1時間ほど時間を潰していてくれと言われ、1千円の食事券をもらう。
寿司をつまみながら1時間・・・
カウンターに行くと、まだ出発時間が分からないが、8時以降になるとの事で、再度1千円の食事券をもらう。
4時間の遅れで2千円というのは、高いか安いかわからないが、4回乗って3万円のチケットで2千円もらったと思えば大儲け(!?)だ。

その後、中華料理屋で本を読みながら時間を潰す。
その時に食べたのが、蒸し烏賊と餃子。
そして紹興酒。
この店は2回目で、前回は麻婆ラーメンを食べた。
今回は、寿司をちょっとつまんでいたので、それほど食べれず。
紹興酒とつまみでを楽しみながら、本を読もうという趣旨。

烏賊が美味しい!(餃子もまずまず)。
店の人のサービスも良いので、居心地がよく、1.5時間が苦にならなかった。

という訳で、成田で6時間。
本や食品をたくさん買って、すっかり散財。
供給が需要を生み出す、という典型的な行動を取ってしまったが、時間がつぶせる場所があるというのは、こんな時に有り難い。
乗った機材は大型で安定していた。
日本人乗務員が居ないので、中国国内便の様な雰囲気(サービス)。
何となく始めて中国に行った時(1985年)を思い出し、ちょっと懐かしかった。
勿論、その時に比べれば、サービスは格段の違いだが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です