羽田で蕎麦屋

午後便で羽田から上海に移動。
飛行機が30分遅延したので、空港で1時間以上時間があまった。
空港のレストランも珍しく空いていたので、どこに入ろうかと15分程度時間をかけて吟味したが、結局、蕎麦屋に入る事にした。
最初は、書上げた中国PE課税本の校正をしようと思っていたのであるが、「ここ数日ハードだったので、休んでもよし、という事にしよう」と自分に許可を出し、のんびり蕎麦屋でくつろぐ。

頼んだのは、出し巻玉子、ナスの煮びたし、焼き鳥2本とせいろ1枚。
あとは、熱燗。

店の人の感じも良く(蕎麦屋らしく粋な感じで)、つかの間ほっとする。
昼間の蕎麦屋は気持ち良い。
この気分が空港で味わえるのは幸せだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です