日本出張は八海山純米吟醸で〆

3泊4日の日本出張(17~20日)がハードだったので、上海到着直後に若干体調を崩し、数日ブログの更新が止まってしまった。
急ぎのご質問をいくつか頂いていたので、歯を食いしばって仕事をしていたら、何時しか治ってしまったが。

19日のみずほ総研の外貨管理セミナーは、6時間(休憩時間が入るので、講演時間自体は7時間)を一人で話すので、喉、腰への負担がきつい。
ただ、進行も順調だったし、今後の講演会のアイデアももらったし、楽しく話せたのは確か。
☆ ちなみに、みずほ総研主催セミナーのは、9月6日に組織再編。
  12月11日にケーススタディで分析する日中間のビジネスモデル。
  以上の二つが年内に決まっています。

20日は、成田に行く前に、永田町でプレジデント誌の取材を受ける。
中国で売れた日本の商品を10個紹介し、その理由を分析するとうもの。
先日収録した、BSジャパンのアジアの風(既収録分は6月30日放映。その後も出演予定)も、日本の製品をどうやって中国に売るかというコンサルティング。
僕の専門は、経営コンサルティング、実務ソリューション等の、制度面・実務面が主体だが、自分の器を広げるためには良い機会かと思って、マーケッティング的な内容を引き受けたもの(若干、角度が違う仕事をする事が、自分にとっての勉強にもなるという意味)。
ただ、僕なりの視点で、ちょっと面白いアプローチができたのではないかと、自分では思っている。

因みに、プレジデントの取材で、文章をまとめてくれるのは、大学時代のゼミの友人である山田清機君。彼は、ちょっと前に、華鐘コンサルティングの古林代表の半生紀を書いた人物。
ただ、大学卒業以降、僕とは全く接点がなかった。
大学卒業20数年を経て、旧友とこんな形で仕事ができたというのは、嬉しかったし、昔を思い出して、ちょっとしんみりしてしまった。
そんな訳で、取材の後は、東京駅の紀伊国屋で日本酒(八海山純米吟醸)を買い込んで、成田エクスプレスの中で一人で祝杯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です