国民性の違い(日本・中国)

日本は空気を読む文化。
中国は主張する文化。
という気がする。

例えば、満員のファーストフードレストランで食事をしている時に、待っている人がいれば、早めに食べて席を譲るのが日本人。
一方、後ろにプレートを持った人が立っていても、ゆったり食べているのが中国人だ。
これだけ言うと、日本人の方が優れている様に聞こえるが、そうとは言い切れないのが面白いところ。

例えば、4人掛けの席に3人が座っている。
日本で、「そこに座っても良いですか?」というと、反対はされなくても、最低、嫌な顔をされる。
一方、中国で同じことをすると、「どうぞどうぞ」と譲ってくれる事の方が多い。
つまり、座りたかったら言ってくれ、というのが、中国の流儀という面もある。

中国では、列の割り込みが多いのは確かで、僕は、この半年に3回、「俺が先だ」と言ったが、3回すべて、「悪い、悪い」と言って、素直に僕の後ろに行った。
日本は、割り込みが少ないのは確かだが、万一、そんな事があった場合、「並べよ」というと、逆切れされて、刺されないかと恐怖を感じる。

また、平時と切迫した状況でも状況が異なる。
忘れもしないSARSの頃、個人主義の塊、というイメージの香港では、多くの医者が、生命の危険を顧みずに、対応に当たっていた。
実際に、命を落とした医者も多かった。
一方、日本では、香港から帰国した人間が、熱があると医者に行ったら、「来るな!」と逆切れされたという話が報道されていた。
まあ、こんな医者は、医者という以前に、人間失格で、議論(評論)する意味もないが。

こんな訳で、日本人、中国人、それぞれの良さと悪さがある。
良い部分、悪い部分が違っているだけだ。
自分の基準でしか見られなければ、好きになれない人間でも、公平に見れば、良いところがたくさん見えてくる。
悪いところを見て嫌うより、良いところを見て好きになろう、というのが僕の流儀だ。
報道も同じ。
同じ人間を取材しても、良い部分にスポットを当てるのと、悪い部分に当てるのでは、視聴者・読者に与える印象は全く違う。
だから、報道は、冷静・公正に行うべきだと思うのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です