上海で湾岸署

上海の街角で、湾岸署(Tokyo Wangan)というステッカーを貼ってある車が停まっていたので、面白くなり撮影。
しばらく前の状況を考えれば、何やらほのぼのした雰囲気を感じる。
上海の街中は、この1~2ヶ月程度でも、結構な日本料理店が開店し、何事もなかったように営業している。
あの騒ぎはなんだったんだろうと思ってしまうくらいだ。

また、昨夜、売店に行ったら(日本人客はあまりいなさそう)、天真爛漫、という感じの若い中国人女性が笑顔で集まってきて、「あなたたち(日本人)は、私たちの事が大嫌いなのかい?」と無邪気に聞かれて、笑いながら、「嫌いだったら17年も中国に住んでないよ」と返しておいた。

日本であれ、中国であれ、報道なり政治なりが、こういった無邪気な交流(他国の人間に対する前向きな気持)を阻害しているとすれば、悲しい事だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です