セミナーの状況報告

セミナー会場

開催から一週間が経過してしまったが、忘れないように28日の上海セミナーの状況報告。
会場はこの様に横長の部屋(手前一列は写っていない)。
これで定員200名ちょっと。
400名収容の部屋を借りる事も考えたのだが、その場合、ホテルのメインボールルームになり、舞台の上から話す形になる。
昔は、こんな感じで、大きな会場で話す事に達成感を覚えた事もあったが(花園飯店のメインボールルームには、以前は強いこだわりが有った)、今はそうは思わない。
大会場、特に、舞台の上から話す方法は、聴講の方との一体感が損なわれる(質問も出ないし、講演会後の連絡もあまり頂けなくなる)為、なるべく、物理的に同じ目線になるような会場を使用している。
その意味では、横長という、微妙な使い勝手の悪さを除けば今回の会場は良かった。
中国でセミナー会場を探すと、どうしても横長設計の部屋が多く、これは致し方ない事かもしれない。
因みに、今回使用したTKP上海南京西路カンファレンスセンターは、今まで使用した事が無く、新沼さんが飛び込みで探してきてくれた場所だが、使い勝手もスタッフの方の対応も非常に良かった。
次回のセミナーでも使用すると思う。

打ち上げの状況

当日は、7時半に家を出て、会場には8時半に到着。
朝の部の受け付けは9時半。開演は10時。
前日は0時頃寝たのだが、気が昂ぶって朝4時過ぎに目が覚めた。その後寝付けなかったので、4時間睡眠。午前の部は眠さとの戦い。
緊張感が有るので乗り切れるのだが、13時に午前の部を終えて、控室(空いている会議室)で弁当を口に押し込んだら、椅子に座ったまま一瞬で意識を無くし眠り込む。
後で、新沼さんが、「寝ている姿が地蔵の様だったので、声を掛けませんでした」と言っていた。
午後の部は14時から受け付け開始。開演は14時半。
喉は辛いが、1時間の睡眠で、体力は少し回復しており、問題なく乗り切れた。

すべて終了したのは18時。
一旦、ホテルに戻ってから打ち上げ。
場所は天山路のころり。
5年ぶりくらいの訪問(てとて、おぶうにはたまに行っているのだが)。
皆疲れ切っているので、そそくさと終わってしまったが、セミナーの無事終了をお祝い。

翌日は腰が痛く、終日唸っていた。
6時間のセミナーは、過去に何度もこなしているので、自信を持って臨んだのだが、この程度で体調に支障をきたすとは。昨今の運動不足を反省するばかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です