福岡最終日(天神ゆの華)

2泊の福岡滞在なのであっという間。前日痛飲したので、ホテルに12時まで粘り、ぎりぎりでチェックアウト。飛行機が18時15分発なので、どこで時間をつぶしたものかと途方に暮れたが、香港の水嶋さんにメールすると、市内に温泉があるとの情報が。ホテル(2泊目は天神のラスールホテル)からも歩いていける距離。天神ゆの華を目指して歩くこと数分。2011年に行った福岡社員旅行の会食場所(ざうお)の隣なので驚く。タクシーで若干移動した記憶があったので、ざうおがこれほど市内にあるとは思っていなかった。

1時間湯につかり、1時間マッサージ。更に1時間湯につかる。つぼ湯という、手足がかかる大きさのつぼの中で、ぬるめのお湯に浸って過ごせるコーナーが良かった。空を見ながら、ただただ湯につかる。マッサージでは、マッサージ師の方に、「体を痛めつけすぎです」と注意される。

短いながらも癒された福岡であった。夜7時半に上海到着。

福岡空港では、瓶ビールを飲み(日本の瓶ビールは、どうしてこんなに美味しいのだろう)、ちゃんぽんを食べる。

日本で飲む瓶ビールは美味しい。生ビールよりも好きだ。
日本で飲む瓶ビールは美味しい。生ビールよりも好きだ。
ちゃんぽん。
ちゃんぽん。
つまみのソーセージ。
つまみのソーセージ。

一夜明けると、朝の虹橋駅発電車で常州日帰り出張。クライアント企業様の開業記念式典に参加。その翌日は、上海で講演会。何時もながらのスケジュールが始まる。束の間癒されてもすぐに現実に。しばらくはこの繰り返しだ。

朝の常州駅
朝の常州駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です