ベトナム。タクシーにまたぎゃふんという。

朝8時半の便でホーチミン移動。
5時過ぎに起き、6時には家を出る。
朝食はキャセイのラウンジで。
朝食1朝食2
ディレイなく、ホーチミン到着。
今回はちゃんとしたタクシー。前回の様に、メーター倒さず、ぼった上で、運転途中に立小便に駆け出す事もない(普通はないが)。
空港空道筋道2
今日は2件の面談のみという、緩いスケジュール。
最初の面談の為にホテルからタクシーに乗る。
ところが、この運転手が地理を知らない。ベトナム語付きの地図を見せているのだが、さっぱりわからず、電話をかけ、道行く人に聞いているが、らちが明かない。目的地は誰でも知っている有名なビルなのだが。
結局、5分程度(2万ドン弱)の道のりを、40分間うろつき、9万ドンのメータになったので、適当な場所で降りて他のタクシーに乗り換える。
5万ドン程度払って終わりにしようとすると、生憎10万ドン札しかない。
5万払うからお釣り寄越せ、というと、全く英語が聞き取れない様だ。やむなく片手を出して(指を5本広げて)5万のつもりで主張をすると、いきなり握手される。
違うんだよ、ぐるぐる回って、結局、殆どもとの場所に戻ってきただけでしょ、と言いながら、指をぐるぐる回していると、運転手は運転席から降りて後部座席のドアを開け、また握手をされる。 「違うんだ!ぐるりと回って握手に来いなんて言ってないんだ。結局、元の場所(から歩いて10分程度の場所)に来て9万はないでしょ、という意味なんだ」と、とほほ、という気持ちになったが、言葉が通じないのは致命傷だ。よく分からないけど、おもしろいからいいやという気分もあり(あきれてしまったのが本音だが、運転手の目はなにやらおびえているし。作戦なのかもしれないが)、レシートだけ寄越せと言って、それで終わりにする。日本円にすると500円弱というのもあきらめてしまう要因だが、この点、早く言葉を憶えて主張せねばならない。
どうも、僕はベトナムのタクシーと相性が悪いのだろうか。
そんなこんなで、ホテルに戻り、ウェルカムドリンクのビールを飲みながらEmailを片付ける。
蒸し暑い。
この暑さだと、地ビールがうまい。
ビール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です