山歩き4日目(アジアベストハイキングコースのドラゴンズバックを歩く)

イースター山歩き4日目。
酒をあまり飲まずにすぐ就寝するので、深夜2時、4時、6時と目を覚まし、結局7時半頃起き出した。
香港トレイル50Kmは、残すところセクション7と8。
ガイドブック(香港アルプス)を見ると、セクション7はあまり面白くないという事だったので、これを飛ばして8から歩こうかと思ったが、歩き通した方が悔いが無かろうと思い直し、昨日の終了地点(太潭水溏)より開始。
前半は7.5KMのコースだが、最後の長い上り階段(とはいえ、昨日に比べればいたって楽)以外は、平坦で歩きやすい。
コース7開始
時折、見える景色がきれいで、なかなか楽しく歩いた。
廃村
タイタムを眺める
これ(下の写真)はセクション7終了間際の岩山。
7終了間際の岩

こんな感じで、セクション7を終了し、最終セクション開始。
最終セクションは、アジアベストハイキングコースに選ばれている部分であり、ここから開始する人が非常に多い(セクション7は、殆ど歩いている人がいなかったが)。
セクション8の入り口にたどり着いたら、バスから大群が降り立ち、わさわさと登って行った。
いきなりの登り階段が渋滞状態だ・・・
そんな感じで、こちらは座る椅子もなく、7.5Km歩いた状態から、群れに押し込まれるようにして歩き出す。
ドラゴンバック
階段を上ると、こんな感じの尾根を行く。
これが、ドラゴンズバック(龍の背)と呼ばれる部分で、アジアベストハイキングコースに選ばれたゆえんだが、ここからの見晴らしが素晴らしい。
8石こうの眺め
石こうゴルフ場
とは言え、この4日間のコースは、結構どこでも眺めがよく、更に、このコースは人がぎっしりで、景色を楽しむ余裕もあまりない。
うれしさも中くらいなり・・・という感じである。
これは、ゴールの大浪湾を上から見たところ。
この時は、既に3時間以上座れず歩き通しだったので、「まだ、あそこまで歩くのか!」と絶望的な気分になったが。
大浪湾
ともあれゴールの大浪湾にたどり着き、本日の約16Kmは終了。
香港トレイル50Kmに加えて、ビクトリアピーク登り等々もしたので、4日間で約60Km歩いた事になる。
疲労困憊。足が痛い。
コースの最後は、久々に肉体苦痛を味わった。
香港の休日は明日までだが、中国は開くので、明日はパーカー山にちょこっと登り、昔よく行った太古城で昼食をしてから仕事をするか、と画策中。
ただ、やってよかった。
香港の自然、魅力を再確認した4日間だったし、この半年間、業務多忙を理由に運動から遠ざかっていた事を反省した。
体を動かすのは良い。
ともあれ、一人合宿状態のイースター、良い経験になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です