香港の夜景を眺めて30年前を思い出す

ホーチミンから香港に戻り、またイカセンターに行く。
連続して2回行ったが、刺身の鮮度といい価格設定といい、良い店だ。イカ刺しの透明さが素晴らしい。
イカセンター刺身イカ刺身イカ中心ステーキイカスミパスタ

下の写真は、チムトンを歩いて家まで帰る時の夜景。
僕が香港に初めて来たのは1985年の事。
3週間弱中国本土(上海、杭州、北京、広州)をうろついてから、たどり着いた。
右も左もわからぬ自由旅行なので、まさに、「うろついて」という言葉がぴったりな旅だった。
あの当時の中国本土(特に、バックパックを担いだ貧乏旅行)は、今とは違い、本当に苦しかったので、香港に到着した時は心からほっとした。
香港到着後、前夜広州で宿泊したホテルのドミトリーで知り合った大学生たちと、チムのスターフェリー乗り場から香港島の夜景を眺め、美しさに感嘆した。その当時の夜景は、今の様な豪華な光の渦ではなく、山に沿って建つ住宅の窓から漏れる光。
今と比べれば地味だけど、シャンデリアの様に見えて、それが強く印象に残っている。
その時の印象が強く、就職活動の面接時に「アメリカンドリームならぬ、香港ドリームを手に入れたい」と力説した事を憶えている。その当時、第二外国語で習っただけなので、殆ど中国語はできなかったが、その内容を中国語で暗記して、振られたら話せるように準備した(中国に行きたいと力説している割に、中国語で何も話せないでは不利だと考えた次第)。
さすがに、そんなはったりが通じた訳ではなかろうが、熱意は伝わり、希望した総合商社に入社できた。
夜景夜景2夜景3
それから30年が経過して、僕は香港にいる。
そして、九龍側で宴席が有る時は、この夜景を見ながら(30年前を思い出しながら)、歩いて帰宅する。
香港ドリームは適っていない。まだ、夢の途中だが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です