かがやきに乗って富山へ

(9月16日の事です)
9月16日は、富山で北陸銀行主催の講演会。16時からの講演なので、東京駅より10時半発の北陸新幹線(かがやき)に乗って移動する。
車内でレジュメの読み込みをしないといけないし、時間を無駄にしたくないので駅弁を食べる事にする。しばらく(ストレスによるものと思われるが)胸やけがするので、主食(ご飯、麺)を控える形で食事量を減らす事にしている。という事で、幕の内弁当を買い(ご飯を残す前提)、つい目に留まった崎陽軒のシューマイを買う。
ところが、車中でよく見てみると、幕の内弁当ではなくから揚げ弁当。3種類のから揚げのみがおかずというもので、20~30代の頃であれば大喜びで食べていようが、現在、特に胃の調子がいま一つである状況下、食べるものがシュウマイとから揚げだけ、というのは拷問に等しい(両方とも好きなものではあるのだが、逃げ場がないのが辛い)。野菜が食べたい!と思いながら、シューマイとから揚げを三分の二づつ食べる。
崎陽軒から揚げ弁当
そんなこんなで12時40分には富山到着。早い。便利だ。
旅の風情には欠けるが、出張には有りがたい。
富山駅には、今回担当して頂く北陸銀行の桃井様に出迎えて頂き、講演会場に移動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です