1泊2日で3回の講演会

広州1泊2日で講演会を3回開催。当社主催の講演会は、64人定員の会場で、本講演(1月14日)・追加講演(1月15日)とも満員のご参加を頂いた。有り難うございました。
そして、14日の夜には広州商工会商社分科会での講演。このスケジュールはさすがに疲れた。
ディスプレイ

1月14日の講演
1月14日の講演
1月15日の追加講演
1月15日の追加講演

今回の当社主催講演は、現地法人の経営者が知っておくべき税務・資金管理に付いて2.5時間で解説。聴講頂いた方々からの反応は非常に良かったが、今回のテーマは本当に面白い、と言って頂ける方もいれば、税務の部分は総経理向けにはちょっと難しかったという方もいた。ただ、税務の世界にはこれをやったらアウト!という事項が有る。親会社から管理費を要求された場合、コストカンパニー運営に切り替えると言われた場合、兼務をする場合等々。具体的な対応は専門家に任せればよいのだが、これだけはやってはだめ(この様な点に注意すべき)というポイントを経営者としては知っておくべきであり、それを解説させて頂いた次第。
商社分科会は、1980年代から現在の外資企業のビジネスモデルの推移や個別ビジネスモデル(Eコマース、保税展示販売、FTA活用モデル等)を解説。先輩商社マンとや同世代の方々と意見交換や若手時代の思い出話ができたり、やっと水野さんに会えた!と言って頂けたり(光栄な事)など、アットホームな雰囲気で楽しんだ。
浜田斉藤
15日の講演が終わると深圳に移動。元部下(現NAC名南)の浜田さん、水野深圳総経理の斎藤さんと会食。こちらも懐かしい話題で楽しんだ会食であった。
食事後は、ボーダーを越えて香港に。倒れ込むように就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です