こんなはずではなかったを避けるために

日本経済新聞のコラム第4回は、「こんなはずではなかったを避けるために」と題して、進出時にどう対応しなければならないかを2千字程度で書いています。
報道やインターネット情報が誘導的な事もあるので、踊らされる事無く自分で判断しなくてはならないという例。好む好まざるとに拘わらず、リスク分散のための他拠点展開を余儀なくされている日本企業の状況。進出はサプライチェーンの中で考えなくてはならない。何故なら、製造原価の構成比は、「原材料費60.0%、人件費19.6%、その他の原価は20.4%(2015年在アジア・アジアオセアニア日系企業実態調査)」と原材料費が6割を占めるため、原材料の効率的な調達可否が、採算を大きく左右するからだという注意点。
という様な点を解説しています。
日本経済新聞・ビジネスの流儀(こんなはずではなかったを避けるために)
こちらをご覧ください。

日経新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です