半生記を寄稿しました(無料閲覧可能)

ひょんなことから、NNA JOBWIREに、僕の半生記の原稿を提供しました(約8万字の原稿)。第1章(福州研修生時代)は、2007年に出版した「中国ビジネスコンサルタントができるまで」を、ほぼそのまま使いましたが、その他は書きおろしです。

第1章は、僕の26才の研修時代。ドタバタの連続から、人の気持に触れ、仕事を憶えていく過程。
第2章は、1990年、嫌々本社経理部に戻るものの、徐々に経理税務の面白さに気づき、香港赴任後、それを武器(?)に、現場に飛び込んで経験を積む過程。
第3章は、コンサルティング開始。経験のない中、新規ビジネスを開拓し、情報を集め、利益を出すためのシステムを考えていく過程。
第4章は、大手商社の中で、社内ベンチャー的なコンサルティング会社を作ってもらい、利益を出そうと悪戦苦闘するも、色々な問題が表れ、悩み苦しむ過程。
第5章は、起業独立。0に戻った組織・商権を、必死になって取り戻していく過程。
第6章は、起業後の総括。
という形になっています。ご興味のある方は是非。
閲覧無料です。

原稿はこちらをご覧ください。各章の閲覧も可能です。

「半生記を寄稿しました(無料閲覧可能)」への2件のフィードバック

  1. 第1章しか読んでいませんが、滅茶苦茶面白いです。
    水野先生の文才にも感銘を受けました。
    続きを読むのが楽しみです。

    1. 有り難うございます!第1章は、てなもんや商社的な感じですが、そんな感じで仕事を憶えたのが懐かしいです。引き続き、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です