シャンパンを飲みながら日本に移動

1月28日(日)に、香港から日本に移動した。前日、厦門から香港に移動したばかりなので、半日後にはまた飛行機だ。
前日、酒を抜いたので、この日はラウンジでシャンパンを飲もうと前日に計画。2年ほど前に、キャセイのファーストクラスラウンジが使用できる様になり、最初は、良いシャンパンが無料で浴びるほど飲めると喜んでいたが(実際に、浴びるほど飲んだ事はないが)、何時でも飲めると思うと、反対に、飲む気がしなくなる。結果、飲むのは10回に1回あるかないか。それも1杯だけという感じの利用状況だ。


ただ、この日は、疲れもたまっているので、空港でくつろごうと、搭乗の2時間前に到着。食事をしてからシャンパンバーに移動した。機内でも飲むので2杯でやめておくかと思ったが、グラスが減ると、ラウンジの担当者がすぐに来て、ニコニコしながら次いでくれるので、結局3杯。

そして、搭乗後、機内食を食べながら2杯。気圧の関係で、あまり飲めない。

ラウンジは食事も酒も無料だし、飛行機もマイレージでビジネスにアップグレードしているので効率的に楽しんだなと思う一方、年間60回以上も飛行機に乗っているので、この代金(年間300万円程度飛行機代に費やしているのだろうか)を考えると、実は損をしているのかな?とも思う。まあ、飛行機に乗らずに仕事はできないので致し方ないが。
今回の日本滞在は27日間。こんなに長く日本に滞在するのは、この21年間で初めてだろう。これだけ長くいると、日中の面談時間はまだ余裕があるが、宴席のお誘い多く、夜はフルブッキングの状態だ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です