福州到着ホテルのアップグレードで喜ぶ

厦門から高速電車で福州到着。2.5時間だ。福州空港は街から遠いが(タクシーで1時間。200元ほどかかる)、駅は地下鉄数駅でホテルまで行けるので、大変便利だ。インターコンチネンタルホテル到着。

今回は、幸運なことに部屋がアップグレード。これは良い部屋だ。バスルームが気持ち良い。

そして、隣のスーパーマーケットに、日本のラムネが売っていたので、ブルーベリーと一緒に食べる。福州で、こんな感じの優雅な滞在ができるというのは、30年前には、誰も想像できなかったであろう。

夜は一人で三坊七巷の日本料理屋(一幸)に行く。ここは、2,000元払って会員になると、最低消費が無くなる。そして、カード(物理的なカードではなくデータ管理)に2,200元がチャージされ、ついでに刺身が一品贈呈されるシステム。カード内にまだ1,200元あったので、これを使おうと思った次第。


カウンターを予約したが、座敷に通された。これは雰囲気が良い。ここは、味は、まあ普通だが(福州水準では良い方か)、サービスが非常に良い。前回、薄い和牛5切れ500元以上という料理を頼んで失敗した経験を活かしたら、これで450元程度。刺身は、前回のカードチャージのサービスで無料で出てきた。


ただ、量が多い。メニューで見ると、軽いつまみの様に映っているが、どうやら縮尺が違う。軟骨から上げにご飯1杯あれば、十分、夕飯が終わってしまう量だ。タイの塩焼きが美味しいので、重点的に食べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です