台北から香港経由で上海に

台北は2泊の滞在で、桃園空港から、香港トランジットで上海へ。
今は、台湾から中国本土まで直行便が当たり前のように飛んでいるので、ずいぶん遠回りなルートと感じるが、一昔前までは、これが当たり前だった。
10数年前に、上海浦東空港に、中華航空(台湾のエア)が止まっているのを見て、驚いて、NNAの三井さんに、「何事でしょう!?」と電話したのを思い出す。当時は、旧正月時期に特別チャーター便が出ていたとの事だが、それでもルートは香港経由だったはず。時代は変わる。

台湾のキャセイラウンジ。麺、点心の種類が非常に多い。更に、全て一口サイズ(麺も一口分量)なので、何種類も食べられる。台湾らしいホスピタリティだ。

そして、トランジットの香港空港で

家庭的なホスピタリティは台湾より落ちるが、高級感はこちらの方が上。台湾と香港の特徴がよく出ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です