寒さに震えながら香港へ移動

4月10日に、日本から香港に移動。気温が7度と寒いうえに、雨が降っている。風邪気味なので、ともかく辛い。
この日、唯一良かったことは、初めて行った、家の近所の眼医者がなかなか良かったこと。2年以上、香港、横浜、東京の眼医者にかかったものの、完治せずに困っていたが、見てもらって数日で、結構良くなってきた。アレルギー性の目の乾燥とかゆみ。治ってくれるといいが。

そんな感じで成田到着。18時15分発の飛行機ながら、14時には空港到着。増値税改定の解説を執筆する必要があり、結構時間がかかるので、ラウンジでじっくり仕事しようと、勇んでサテライト側ラウンジに向かうが、11~15時は閉鎖する事になったとか。「行く前に言ってよ!」と思ったが、ゲート脇の椅子で仕事して、再開直後に飛び込むと、当然のことながら無人で気持ち良い。何事も(良い事、悪い事の)両面がある。

増値税制度改定のポイントは、物品販売の基本税率と輸出還付の標準税率が、共に13%になったので、輸出を奨励しない物品(13%以外の還付率が適用されるもの)以外は、還付の掛け目が無くなった事。1994年の増値税制度導入時に大騒ぎになった事項が、25年かけて解決した訳なので、これは、過去を知る身としては感慨深い。
あと、仕入控除に関する4種類の優遇と、未控除税額の還付が、一定条件で認められたこと。なかなか本格的な減税措置となっているのが分かる。

原稿を書き終え、カンパリソーダを飲んで香港まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です