上海鳗鱼王で会食

話は前後するのだが・・・
前の投稿で、「珍しく鰻が食べたくなって~」と書いたのは、実は、ここで鰻を食べた結果、また食べたくなったという次第。
元同僚に連れて行ってもらった、上海の「鰻魚王」という店。名前的には、本格日本料理的ではないのだが、元同僚曰くは、「うな吉」で修行していた人間が開いたのではとの事。真偽は不明(というか、確かめていない)だが、いかにもそんな感じはある。場所は、うな吉のあと地。

肝焼きは残念ながら品切れだったが、骨焼きが食べられた。白焼きは、うな吉の方が美味いが、まずまずの味。また、鰻屋としては王道メニューではないが、ニンニク焼きは美味かった。昔、丸紅松戸社宅(馬橋駅)に3年ほど住んだ折、何故か、ニンニク焼きに店が多くて、よく食べたのを思い出す。

うな丼は美味しかった。これを食べて、暫く鰻が食べたいモードになってしまった。

という事で、話は前後して、香港北角の店に繋がるという次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です