寒い夜の一人自宅焼肉

上海は、▲8度まで下がる寒さだ。外食がためらわれるため、アピタで肉(特売のニュージーランド牛)を買い、家で一人焼き肉をした。ワインも、ちょっと良いものを買ったので、満足度が高く、幸せだ。
しかし、中国では酒税が高いので、供給が限られる日本酒だけでなく、ワインの販売価格も高い。日本の1.5~1.7倍くらいの小売り価格だろうか。ちなみに、酒税と書いたが、中国に酒税はないので、正確には消費税。更に言えば、酒、特に、醸造酒に対する関税と消費税が高いという事(増値税は13%で共通)。そこだけが、ちと残念だが、幸せ感はあった。

そして、今週、炊飯器を買ったが大正解だ。思えば、少し前まで、10年間使用している、安炊飯器を使っていたが、先々月の引っ越し時に捨ててしまった。それ以降、レンジご飯を食べ続けたが、3か月食べたら、食感に我慢ができなくなってきた。
炊飯器を買い、勇んでアピタに行ったが、輸入規制がかかっている関係で、日本米は高く、2Kgで200元(3,000円)程度。一度は、遼寧省産米(五分の一の価格)を買い、これはこれで悪くはないのだが、やはり、日本の米にあるような、香り立つものがない。翌日、再度アピタに出向き、新潟産コシヒカリ(238元)を買う。高いとはいえ、レンジご飯も似たような価格な訳で、ここでけちる必要はなかろうという判断だが、これまた大正解だ。

尚、上海のスーパーでは、1月1日より、環境保護のために、レジ袋を一切置かなくなった。以前は、0.2元程度で売ってくれていたが、これがないので、エコバッグを買わないといけない(これが、300円程度)。一週間で、既に3個もエコバッグを買う結果になってしまったので、思い立っての買い物がしにくい。計画性がある行動が必要だ。一応、コンビニは、非プラスティックの環境適用袋を売ってくれるので、衝動的な買い物も大丈夫。
ちなみに、不便ではないかと部下に聞くと、「インターネットでしか買い物をしないので、全く影響ありません」との事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です