国慶節休み明けの昼食

国慶節休み中は忙しかった。国慶節の7連休とはいえ、日本と香港は稼働しているので(香港の休日は1日のみ)対応が必要。部下に振れない分、自分が忙しくなる。
ついでに、講演会のレジュメ2件と、新著(中国外貨管理マニュアルQ&A)の校正作業も対応した。

そんなこんなで、休み明け初日の今日は、のんびり昼食を取ろうと南豊城に出かけるが、少し早すぎめぼしい店が開いていない。コーヒーを飲んで時間を潰す。南豊城はリラックマワールドだ。

暫くして、松鶴楼が開いた。前から行ってみたかった店だ。カニ肉ショーロンポーと、蘇州ラーメン、チャーシューを頼む。開店早々で、料理が出てくるまでに20分ほど時間がかかった(自分より前に注文している二組と、料理が出てくるのは、ほぼ同時)。

そして、蘇州ラーメンが出てくる。噂には聞いていたが、本当に美味しい。これが日本のラーメンの原型なのだろうなあ、という味ながら、本当に上品。刺激が無く、じっくりとしたうま味がある。蘇州ラーメンに刺激(ニンニクやら、胡椒やら、化学調味料やら)を加える形で、日本のラーメンが出来たのだろうなと思いながら、上品なスープを飲む。

チャーシューはスープに2分浸してから食べてくれと言われたのでそうしたが、これまた美味い。というか、絶品だ。優雅な昼食であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です