定期PCR検査

今回の香港訪問は、Return2HKプログラムを利用しているので、隔離免除だ。ただ、頻繁にPCR検査を受けなければならない(到着時・3日目・5日目・9日目・12日目・16日目・19日目)。という事で、1月4日に(空港を除くと)最初の検査に行った。
手続きはいたって簡単。空港で配られた紙のQRコードをスキャンすると予約フォーマットが出てくる。これに、ID番号と日時・希望検査場所を打ち込めば予約完了。こうした電子化・緊急対応の手続(分かりやすく、簡単・便利)は、香港も中国本土も素晴らしいなと感心。

今回選択したのは油麻地の検査場。廟街・翡翠市場のすぐ近く。1985年、大学時代の初訪問の時に、チムのホテルから歩いて翡翠市場に行き、安物の翡翠を買ったことを思い出す。

会場に付くと、強制検査(予約あり)、強制検査(予約なし)、自主検査(自費)の何れかに並ぶ。Return2HKは、予約ができるので便利だ。この日は予約なし強制検査の人はさほどいなかったが、2日後(1月6日)に行ったら長蛇の列になっていた。おそらく、この日の50倍以上の人数がいたと思う。予約なし強制検査は大変だ。あまりの行列に写真を撮りたい気持ちはあったが、申し訳ないのでやめておいた。

予約が有れば、所要時間は10分程度。あっさり終わったので、ホテルまで20分の道のりを歩いて帰る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。